季節代わり青汁

人気記事ランキング

ホーム > 注目 > 岸和田市のボクシングジム

岸和田市のボクシングジム

ボクシングが上手くなるための要素は色々とあるのですが、
その一つが距離感の把握です。

ここで言う距離感というのは、自分が相手に対して
どれくらいの距離にいれば自分のパンチが届くのか。

あるいは相手のパンチが届くのかということを感じる能力です。

相手のパンチが届かない距離を感じるのは、比較的
簡単なのですが、自分のパンチが届く距離を把握するのは
、 難しいようで、多くの方は、自分のパンチが届かない距離から
パンチを出してしまいます。

その原因は、あせりや緊張などの意識にあることが多く、
多くの方は、スパーリング中に距離が遠いことを指摘すると、
その直後は、少し距離を詰めてパンチを出して、
相手にパンチを当てることができるようになります。

でも1分くらいすると、すぐに元の遠い距離に逆戻りです。

大切なのは、この微妙な距離感を常に意識しながら
スパーリングやマスボクシングを実践するということです。

みんなによく言うのは、
「パンチが届かなかったということは、
打ち出しの距離が遠すぎるか、モーションが大きすぎるか、
その両方が原因やで」
ってことです。

こういうふうに考えることを習慣づけて、
パンチが届かなかった瞬間に、即、この言葉を思い出してもらって、
「次パンチを出すときは、あと10センチ位近づいてから
パンチをだそう」って意識することが大切なんです。

スタートラインボクシングジムでは、こんな感じで、
ボクシングの重要なエッセンスを少しずつ会員さんに伝授しながら
指導させてもらってますので、
岸和田市近隣の方はぜひいちど、体験にお越しください。